すべり症を理解していこう

保存療法ですべり症が治る?

すべり症の治療方法には何があるか

すべり症になってしまった時には、初期の頃には、コルセットなど、腰痛ベルトを使っていくと効果的です。まずはコルセットなどで、すべり症に治療効果が表れるかどうか、様子を見ていくのもおすすめです。それでも治らない場合には、やはり一度医師の診断を受けるのがいいです。その人の症状によって、医師がすすめる治療方法は異なりますが、治療方法の中には、温熱療法など、温めて治していくやり方や、マッサージ療法、電気を用いた療法など、いくつか選択肢があります。また、保存療法もあり、この方法ですべり症を克服している方も多いようです。

 

保存的療法で治療していく

保存療法では、どのような治療を行っていくのでしょうか?すべり症は、薬を用いて治療してく事もできるのです。すべり症の痛みや違和感を緩和させていくために、特別な薬剤を投与して治していけたという方も多いのです。「プロスタグランディン製剤」という薬剤もあるのですが、これは、血液をサラサラにしてくれる働きがあり、血行促進する事により、すべり症の症状を和らげてくれる効能を発揮してくれます。

 

保存療法でも治らない場合には

保存療法ですべり症の改善は、十分に期待できるものですが、症状がひどい方ですと、保存療法を用いても、なかなか思うような効能が得られない事もあります。このような時には、手術をして治していく方法もあります。